年間50冊本を読む私がおすすめの不動産投資勉強本4選!

✔この記事はこんなあなたにオススメ!
  • 不動産の運営の方法を学びたい方
  • 不動産投資用物件の選び方を学びたい方
  • 不動産で得た利益の上手な節税方法を学びたい方

こんにちは!

株式会社レックの大友です!

 

不動産投資を始めたいあなた、始めているけどまだ勉強が足りていないあなた、いろんな方がこの記事を読んでいると思います。

そんなあなたに、年間50冊以上本を読む私がおすすめの不動産投資勉強本を紹介しちゃいます!

今回は、レベル別に4つに分けて、それぞれでおすすめの至極の一冊を紹介します。

他の記事のように何個も選択肢がないので、迷うことなく読めばよい本が分かります。

今でも本は最強の勉強ツールです。

あなたの不動産投資がうまくいくよう、いっぱい勉強していきましょう! 

マンガからちょっと難しい内容のものまで、難易度別に紹介していきます!

 

【超初心者】正直不動産

 

おすすめポイント
  • マンガだからとっつきやすい
  • 不動産業界の全体像がマンガでつかめる
  • 不動産営業マンが考えていることが分かる

超初心者の方はマンガから始めましょう!

こちらは山P主演でドラマもやっていた「正直不動産」というマンガです。

かなり有名な漫画なので、ご存じの方も多いのではないかと思います。

 

こちらの本ですが、マンガだからと言って侮ることなかれ、不動産業界の内側がかなりリアルに描かれています。

超初心者向けだからと言って、内容が簡単なわけではなく、あくまでマンガというとっつきやすさから最初に紹介しています。

投資用不動産のことはもちろん、居住用不動産から不動産管理、不動産の法律、不動産業界のルールのことまで、全てを理解すればそこら辺の不動産営業マンよりも詳しくなれるくらいの内容が載っています。

 

「正直不動産」というタイトルの通り、ひょんなことから主人公は嘘が付けない体質になってしまうわけですが、どれだけ不動産屋がお客さんに嘘をついているのかがとてもよくわかって面白いです(笑)

もしかしたらあなたも聞き覚えのあるセリフが出てくるかも?

 

不動産業界・用語に慣れるという意味でも、素晴らしいマンガですので、初心者の方もベテランの方も是非一度読んでみてください!

【初心者】FIREできる不動産投資の3つのルール

 

おすすめポイント
  • 初心者でも優良物件の見分けがつくようになる
  • FIREを目的にしてる不動産投資家向けに書かれている
  • 不動産投資の”キャッシュフロー”の重要性がよくわかる

「これから不動産投資を始めたいけど、何が良い物件で何が悪い物件かわからない」

「不動産屋に相談に行ったら、オススメされる物件を言われるがままに買ってしまいそう」

そんなあなたにはこの本がピッタリです。

 

この本は①200万円ルール、②100万円ルール、50%ルール、と3つの投資判断基準のルールを解説しています。

この3つの投資基準を当てはまる物件に適用するだけで、物件の良しあしがある程度わかってしまう、ある意味裏ワザ的なやり方が載っています。

現役不動産投資家の私から見ても、このルールにのっとって投資をすれば、少なくとも大損をすることはまずないです。

もちろん、大儲けできる物件である可能性もとても高い物件だけが生き残れるルールです。

 

具体的な計算方法も載っており、誰でも、物件の数字を当てはめれば投資判断ができるようになります。

まだ自分の投資判断の軸がない方はひとまず、本書を読んであなたの軸にするとよいでしょう。

実践を積んでいくと、嫌でも自分の投資判断軸が出来上がっていくので心配は必要ありません。

 

一つだけ文句を言うのであれば、あまりにも安全すぎる投資判断基準かとも思うので、なかなかこのルールに沿っていては投資できる物件が出てこないのではないかという懸念がある点です。

経験からしか学べないこともあるので、初心者はまず経験を積むべきという考えもあります。

しかし、最初に失敗しては損失が大きすぎて次にも進めないのが不動産投資。

最初は石橋をたたきまくっていくくらいがちょうどいいかと思い、本書を初心者向けの至極の一冊に選ばせていただきました!

【中級者】20ステップ不動産コンサルティングよくわかるシリーズ

 

おすすめポイント
  • 分野別に本が分かれているので、読み進めやすい
  • 1ステップ目はかなりハードルが低いので実践しやすい
  • 1~20ステップまでやれば良いという安心感を与えてくれる

もうすでに物件購入が終わって、さあこれから賃料収入で生活するぞ!というあなたにはこちらの本がおすすめです。

こちらの本というか、著者の大友哲哉さんは似たテイストで多くの本を出版されており、こちらのシリーズと言った方が良いかもしれません。

 

「全空が満室」「即断できるアパート用地選び」「儲かる不動産を見極める収支シミュレーション」など気になるタイトルばかりです。

このシリーズをすべて読めば、物件選びからアパート経営の逆転のさせ方まで、おおよそ不動産投資に必要な情報は全て学ぶことができます。

中でも、家賃設定・空室対策の予算設定方法・実際の空室対策で特に費用対効果が高いものなど、空室を埋めるためのアイディアが光っています。

 

実際に著者の方が不動産経営をしてきて、コスパが良かったものを紹介してくれるので、迷っているときも進むべき道を示してくれるシリーズです。

kindle unlimitedに加入している方はなんと全シリーズを無料で読めてしまうので、間違いなく全てを読んだ方が良いでしょう。

 

また上記だけではなく、読者プレゼントとして、東京圏の物件の空室診断とその対策の1時間超もの動画のリンクがあります。

こちらも、実際に動画で見ながら勉強できるものなので、大変有益になりますので、ぜひ動画でも一緒に勉強しましょう!

【上級者】不動産投資のお金の残し方 裏教科書

おすすめポイント
  • 現役税理士がお金の残し方を解説している
  • 皆が陥りがちな税務の落とし穴を勉強することができる
  • 実際に税理士大家さんが現場で使っている節税方法が学べる

 

この本は不動産投資家向けの、節税に特化した本になっています。

まずは利益を出さねば節税も必要がないので、上級者向けとして紹介させていただきます。

 

著者の石井さんも、「不動産投資歴10年~20年の大家さんまで満足できるような、実践的はノウハウばかりを詰め込みました。」と話しています。

私も節税関係にはもともと興味があったので、色々勉強していたのですが、この本を読んでかなりの新知識を得ることができました。

 

「旅費はどのような条件なら経費計上できるのか」「黒字が大きくなりすぎた場合はどのような有効な節税方法があるか」など、大家さんであれば気になるような税金の内容が盛りだくさんです。

もちろん、税金を多く納めるのは素晴らしいことですが、全てバカ正直に払っていては、人生がもう一周できてしまうほどの金額を払うことになります。

 

合法的に、国税局も想定しているであろう節税はOKなのです。

せっかく苦労して良い不動産をたくさん買ったのに、手残りが思ったよりも寂しいことになってる方はいませんか?

「もう少し税金が安ければなあ」と一度でも思ったことがあるあなたに最もオススメできる本です。

この本を読むだけで、年間〇百万の節税になる可能性もあるので、少しのお金と少しの時間をこの本に投資してみましょう!

まとめ 

今回は年間50冊の読書をする私がおすすめの、レベル別のオススメ本を紹介しました。

今回おすすめした本を読んでいただければ、間違いなくいっぱしの不動産投資家としての知識を身に着けることができます。

 

もしあなたが今、有料のセミナーであったり、高額な情報商材を買おうとしているのであればちょっと待ってください。

今回オススメした本を読むだけでもかなりの知識を得ることができます。

まずは本に投資して、それでも満足する知識が得られなかった場合にだけ、高額な商材に手を出しましょう。

 

値段が高いからって、良質な情報が得られるとは全く限りません。

今回オススメした本はかなりの良本ですので、情報商材やセミナーがなくてもあなたを成功させるだけの知識を授けてくれます。

もしこれらの本を読んで、他にも色々知りたい場合は、以下の記事も読んでみてくださいね。

ではまた!

 

 

もし「この物件買っても良いのだろうか?」というお悩みをお持ちの方いらっしゃいましたら、この記事を読んでくれた方は特別に、私が無料で相談にのります!

北海道の物件だと間違いなく判断できますが、道外の方でも無料なので気軽にお問い合わせください!

お問い合わせは下のフォームからでも私のXアカウントからでも、どこからでもどうぞ!